2022年06月21日

夏至のおまつり

夏至のお祭りでしょうか。
扉が開いて、続々と妖精たちがやってきます。
昨年、カプチェットさんでのイベントで、
ハーピストの中川理実ちゃんが、異国の妖精たちという曲を作曲して、
演奏してくれました。
その曲を聴いているときに浮かんできたイメージ、
ようやく形にしてみました。

妖精さん、ファンタジーとして描いているけれど、
私にとっては身近な存在さんたち。
子供の頃は、すぐそばにやってきてくれるのを想像しながら、
よく一人でおしゃべりしていたな。
今でも、お野菜やお花を育てたりする時には、手伝ってもらったりします。
この世界には、様々な存在がいるのだと、
あたたかく感じられる分だけ、豊かさが心に満ちてくる・・・

絵は、ちょっと画材をかえて。
久しぶりにオイルパステルで描いてみました。

異国の妖精達03.jpg



posted by トモミ at 23:45| 展覧会のこと・制作のこと

2022年05月14日

結婚のお祝いに〜

結婚お祝いのプレゼントにと、絵をご注文いただきました。
どんな絵にしていこうか、お二人の写真をみせてもらったり、
エピソードを聞いてみたりしながら、ご注文いただいた方と
イメージをふくらませていくのも楽しいお仕事です。

280472949_4868700983198967_9035031089769220998_n.jpg
posted by トモミ at 17:57| 展覧会のこと・制作のこと

2022年05月08日

母の日〜スパティフィラムの精〜

スパティフィラムの花の精。
親子のような、姉弟のような…どちらかな?
母の日に描きたくなりました。
もう20年以上も前、アルバイトしていた病院でいただいたお花です。
株分けして、今でも元気にお花を咲かせてくれています。
ちなみに、白い大きな花に見えるものは、
仏炎苞(ぶつえんほう)とよばれるもので、
芯の棒状のものがお花になります。
花言葉は、「清らかな心」「包み込む愛」とありました。
まさに、「母の愛」ですね。

スパティフィラムblog.jpg


280176498_4863274990408233_7488398303853223265_n.jpg

280184703_4863302783738787_7301876770382491302_n.jpg




posted by トモミ at 22:27| 展覧会のこと・制作のこと

2022年04月13日

きのこ

この間、公園でみつけたチャアミガサタケ.
家に帰って描いていたら、ふっとこんな言葉が〜。
「ぼくが王様になったらね、みんながしあわせな国をつくるんだ」
可愛い王様になりそうだと(笑)描いていると、
友人から面白いお話を教えてもらうことに〜
キノコは菌糸のネットワークでおしゃべりしているということが、
イギリスの研究であきらかになったとか。
しかも50種類くらいの単語を使って、
なんと、文まで作って会話しているのだそう〜

以前にも、菌糸は植物同士のコミュニケーションをにない、
森を豊にしているのだと本で読んだことがありましたが、
複雑な会話までしていたなんて!すごいなあ〜

きのこの王様。
土の中の王国で、様々な生き物たちが調和して生きていけるよう、
日々、話し合っているのかもしれません。
人間も、見習いたいものです〜

278399855_4797073303695069_6860270269041542162_n.jpg

278493128_4797073307028402_6718360449571729411_n.jpg


posted by トモミ at 16:50| 展覧会のこと・制作のこと

2022年04月08日

ハナカイドウの妖精さん

今日は花まつりですね。
日差しもぽかぽかあたたか。
おたまじゃくしは日増しに大きくなり、
庭のお花たちも次々に咲いて、春を謳歌しているみたい。
絵はお花の精とてんとう虫さん。
ちっちゃなてんしじゃないけれど、ちっちゃな妖精さんでしょうか。
お花はハナカイドウ。
桜よりも、濃いピンク色に染まるカイドウは、
春色をぎゅっとつめこんでいるようです。
278099239_4784170944985305_1665537518028364593_n.jpg
posted by トモミ at 13:31| 展覧会のこと・制作のこと