2021年05月12日

不思議な門

お話のワンシーン。

主人公ティンが、迷い猫といっしょに、不思議な門へとむかう途中、

門をくぐったその先は・・・。新しい絵です。(写真はその一部)


子供の頃好きだったアニメ「ポールのミラクル大作戦」

魔法を使えるぬいぐるみのパックンが、ぽんっとつえをつくと、

そこに扉があらわれて、別世界に行ってしまうというお話でした。

あの扉をくぐってどこかへ行きたいと、いつも思っていたなあ。

今もその思いはかわらないけれど・・・

書いているお話のなかでも、不思議の門は、別次元の世界へ通じる扉、

私自身もまだ見ぬ世界へと連れて行ってもらいながら、描いています。


877FAD78-9AB8-4152-BA83-4CFF50E07BC1.jpg






posted by トモミ at 21:25| 展覧会のこと・制作のこと

2021年04月01日

木の上のお家

今日から、4月ですね。
今、書いている物語のイメージイラスト。
お話を書いていると、なかなか絵のモードに切り替わらないの
だけれど、絵の方も少しづつ・・・
昔、読んだ絵本で大好きだった、「おおきなきがほしい」
(佐藤さとる&村上勉の黄金コンビ)あんなふうに、
大きな木の上のお家もいいなあと想像がふくらんで、
ティン(女の子)とフウ(雲)、二人のお家を描きました。
でも、お話書いているうちにお家の設定が変わってきちゃった。
せっかく描いたので、だれか別の人のお家にしようかな〜?
ちなみに、えんとつからモクモクっと顔をだしているのが、
雲の精、フウです〜

ティンのお家2.jpg
posted by トモミ at 21:28| 展覧会のこと・制作のこと

2021年02月13日

モノクロのイラスト

お話の挿絵の感じで、モノクロのイラストです。
ティンの前に立つのは、木の精霊。
別の世界へと通じる門の門番さんでもあります。

ティンと門番.jpg


posted by トモミ at 19:50| 展覧会のこと・制作のこと

2021年02月03日

立春から新たに

今日は立春ですね。

2021年は、新しいことにチャレンジしようと、

物語を書きはじめています。

3年ほど前だったか、ふわりと浮かび上がってきたイメージをもとに、

その世界を絵にしてみた時期がありました。

淡路町カフェで展覧会をさせていただいた時の黒の絵シリーズが、そのひとつ。

本当はお話も書き始めていたのですが、その時はその先へと書き進めることができず、

まだ熟成期間が必要なのかもしれないと、ペンをおいてしまいました。


他にも描きたい絵や絵本があったので、しばらくはそちらに専念!

大切な人の元に絵を届けることができたり、アニメーションににしていただくという、

嬉しい展開もありましたが、絵本はなかなか企画がとおらず、力不足を痛感して、

う〜ん、とうなりたくなってしまうことも多々ありました〜


今年になって、気持ちを新たにはじめようと思った時に出てきたものが、

胸にあたためていた物語を書くこと!

最近遠ざかり気味だった読書も復活して、読むのは児童書ばかりだけれど、

お話の世界に没頭するのは、やっぱり今も昔も変わりなく、大好きだなぁ。


アップした絵は、お話の主人公、ティン(女の子)とフウ(雲)と言います〜

黒いシリーズからちょっとカラフルに、どうぞよろしくお願いします。


21.12.1原っぱのティンSNS.jpg



posted by トモミ at 16:47| 展覧会のこと・制作のこと

2021年01月10日

今年最初の一枚です

今年最初に描いた一枚。


以前、私の絵のなかによく登場していた、宇宙のお花の国に住む精霊の女の子、

青い鳥にのって久々に登場です〜(ちっちゃいですけれど〜)

昨年はじっと、静かに内面をみつめていくような年となりました。

絵に向き合う気持ちも変化して、画材も変わり、心のなかに深い色調の世界が

広がりはじめました。


ティン(花の精の名前
)シリーズも、また新たな色彩の世界で表現できるかなと、

描きはじめた一枚です。
誰かの心に幸せな夢が届いていきますように、

今年も心をこめて一枚一枚描いていきたいと思います。


21.1.10星のお姫様統合02.jpg



posted by トモミ at 21:04| 展覧会のこと・制作のこと