2009年01月03日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます! 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年もお正月はよく晴れて、すがすがしい毎日が続いていますね。ちょっと風が強くて寒いですけれど! 年末までばたばたと慌ただしくてお正月の準備もできないよ〜って思っていましたけれど、ナンテンや菊、ロウバイなどなど、お正月に飾るお花や、ついたばかりのお餅を頂いたり、大晦日には手打ちのおそばを届けてもらったり、もうありがたいかぎり!! そして我が家の神棚の上にあるお正月の飾り物、これも地元の農家の方が作ってくれたものです。そのお家でとれた稲藁をしめ縄にして、うらじろやゆずり葉、ダイダイの実もついています。うらじろは長寿、ダイダイは繁栄、ゆずり葉は家系が絶えない、などといった意味合いがあるそうですね。例えばだいだいは同じ木に三代の実がついたままになっているというくらい、生命力の強い木、代々との言葉ともかけて、家族繁栄を意味しているのだそう。昔の日本人は、自然をよく観察していて、そして言葉遊びのようなユーモアもあって面白いですネ! このお飾りは、その歳一年を守ってくれる歳神様を迎え入れるためのものだそうです。だからでしょうか、鳥居みたいに、門のような形をしています。稲藁やダイダイやそのお家でとれたものをもとに、人の手技を使い、神様をお迎えするための心づもりをする、そういう自然とともにある営みは本当に美しいなと思います!! こちらの門飾りは、毎年取り寄せるものなのですが、同じような材料でできています。 お正月の日をあびて、今年もニッコリ、2009年も笑う門でありたいですね! 皆さんにも、この一年いっぱいの笑いが届きますように!! 寝室にいっぱいある植物たち。そして窓際にターラもいるのがわかるかしら? 新年の朝日をあびながら、今年も皆さん、よろしくお願いします・・・緑もターラもそう言っているようデス♪ お部屋に飾ったロウバイ、日に日につぼみが花開いて、ほんとにきれい!そして甘い香りもプレゼントしてくれます♪
posted by トモミ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事

2008年12月25日

毎年恒例のクリスマスパーティー♪

今年も毎年恒例、クリスマスパーティーをしてきました♪ 私のちっちゃいときには英語の先生だったハルちゃんファミリーのクリスマス!いつ来てもあったか〜い空気がながれていて、美味しいごちそうにお腹いっぱい、最後には、ちっちゃな紙風船で、そう、子供たちだけでなく、いい年をした大人たちまでが大盛り上がりしちゃいました(笑) ほんとに楽しいクリスマス、素敵なお食事の写真をちょこっとご紹介しマス♪ みてください!このすごいオードブル!!! このお家のパパはシェフなのですから、もうレストランのお料理がお家で頂けちゃうのです!息子のシュウちゃんが、お料理の中身を一つ一つ説明してくれるのがまたすごい! 毎年ハルちゃんがクリスマスサラダを作ります。去年はツリーサラダ!今年は・・・森の中をトナカイにのったサンタさんがいます。白い卵は大きなプレゼント袋♪黄身のお月様が左のお空に浮かんでいます・・・わかるかしら? 今年はシゲちゃんもお料理を作ってくれました!しかも二品も!!男の子なのにえらいデス、レシピノートも発見しちゃいましたヨ。このお家の人たちは、み〜んなお料理が上手なのです!! お食事の最後には、毎年りっぱなターキーを頂きます。ターキーをやいてくれたのはシェフの奥様!数時間もオーブンで焼くのですって。今年のターキーはしっとり、グレービーソースをたっぷりかけて、スタッフィングのご飯も美味しくって、ほんとにお腹いっぱい! こちらはシェフお手製のマカロンケーキ!こんなにかわいいケーキだけれど、マカロンの寸法や重さや、全て緻密な計算のもとにケーキができているのだそう!はぁ〜、ビックリ。パティシエは建築家のようデス! カラフルなマカロンは子供たちに大人気、けんかしてまでとりあいっこ、その気持ち、よくわかる〜(笑)
posted by トモミ at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事

2008年12月20日

サントリナのツリー

ちょっとかわったツリー♪ サントリナというハーブをツリーの形に仕立てたものだそうです。だからふれるとハーブの強い香りがしてきます。フエルトやお花のお飾りは手作りだそう! 手作りといえば、アップルパイをいっぱい作ってきてくれたお友達もいました。皆さんの気持ちをいただいて、楽しい時間を過ごすことが出来ました♪
posted by トモミ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事

頂いたお花

今回頂いたお花たち、不思議とピンク色が多かったな♪絵をイメージしてお花を選びましたって、言ってくれた人もいました♪今回はとくに、優しい気持ちを描いてみたかったから、なんだかうれしかったですネ♪ 写真にはのせていないけれど、いつも個性的なお花をプレゼントしてくれる友人もいます。選ぶお花はその人の色合い、いつも楽しませてもらいます! 本当に皆さん、どうもありがとう♪外は寒いけれど、お部屋の中は春ですヨ〜♪
posted by トモミ at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事

展覧会も終わって・・・

展覧会が終了して、ちょうど一週間がたちました! 足を運んでくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。 展覧会ごとに絵の雰囲気が変わるねって、よく言われます。自分でもそうだなあって・・・。 以前は雰囲気どころか、素材も形もがらっとかわって、展覧会ごとに別の人の作品かしらって思ってしまうような、そんな時期がずっと続いていました。羊毛や毛糸のオブジェ、藤をあんだ立体や、和紙や植物を使ったランプを作ってみたことも、絵になる少し前の時期は、陶のお人形も作っていました。 姿形はどんどん変わっていくけれど、心の奥底で探し続けているものは、見た目ほどには変わっていない。心のいろんな扉を開けて見ているけれど、扉を開いてみればどれもひとつのお部屋に通じている、そういう感じかもしれない。 絵になってからは、むかっている場所が前よりはっきり見えてくるのだけれど、それでも、そこに行くためにどんな扉を開いてどんな道を歩いていったらいいのだろうかって、やっぱり試行錯誤する。それが絵のイメージを少しづつ変えていく・・・。 展覧会をはじめたころから、ずっとずっと見に来てくださっている人たちは、そうしたものを一緒に見つめてくれている人たちなんだなって思う。普段はもくもくと一人静かにそうした作業を進めていくわけだけれども、一年に一度か二度の展覧会では、そうした自分の通ってきた軌跡を見てもらえるのだから、共感してもらえた時には本当にうれしい!展覧会は自分にとってそうした、心の旅仲間に出会えるひとときなのだなあと思えたりもします。 今回も素敵なお花、お菓子をずいぶん頂きました。写真には全部のせていないですけれど、どのお花たちもまだみんな咲いていて、今もお部屋で楽しんでいます。 本当に皆さん、ありがとうございました!
posted by トモミ at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事