2021年03月11日

今日という日に

先月、天国へと旅立った友人の、俳句集を作りました。

はからずも、震災のこの日にできあがってきたことが、

何か命のお便りをいただいたような・・・。



三月ほどまえに、「確信しました。人はいくつになっても変われます」と

メールをもらったことがありました。

人生が180度かわっても、そこに幸せをみつけていった友人の言葉は、

胸にずんとひびきました。そのあと残してくれた俳句は最後まで、

優しい気持ちになるものばかり。


そして最近読んだ絵本のなかで、切なくも素敵な一冊があります。

「わすれられないおくりもの」昔の名作絵本です


自分の命がもう短いことをしっているアナグマ。体はなくなっても、

「心は残っていくものだから」アナグマにとって、

死はこわいものではないけれど、残される友人たちのことが心配で、

お手紙をかきます。そうして旅立っていきますが、手紙が残されていても、

やっぱり友達はみな悲しみます。

そしてみんなは集まって、アナグマの思い出を語りあい・・・

そんなお話なのですが、最後に心あたたまる一文が。



「さいごの雪がきえたころ、アナグマがのこしてくれたもののゆたかさで、

みんなの悲しみもきえていました。アナグマの話がでるたびに、

だれかがいつも楽しい思い出を、話すことができるようになったのです」




なかなか癒えない悲しみもあるけれど、先に逝った人とのあたたかい思い出が、

今を生きていく力になっていきますように・・・

そんなことを思う今日この日です。


IMG_0957.jpeg




IMG_0955.jpg



posted by トモミ at 18:21| 日記

2021年02月08日

大切な友人の旅立ち

昨日、大学時代の同期でもある友人が天国へ旅立ちました。

一週間前には、お互いにありがとうと、ほめあいっこばっかりしているね〜、

と笑いながら電話を切ったばかりだったのに・・・。

そのあとに他愛もない、でもちょっと特別な蝉の抜け殻のこと、

幸せのおすそ分けといって書いたメールが最後になってしまった。

友人はその蝉のように、体という殻をぬいで魂だけになってしまったんだな・・・



職人さんみたいに手先がすごく器用で、立体作品なんか作ると

ものすごく上手だった。病気をして、入退院を繰り返し、

好きだった物作りまでできなくなってしまって、

どれほど苦しかったことだろう。



けれども、新たな人生を歩み始めて、素敵なお仲間に出会い、

日に日に生きることがシンプルになっていく友人の姿に、

本当にたくさんの感動と勇気をもらいました。


どんな時でも、たとえ病のさなかにあっても、

人生を深いところから受けとめると、

そこには優しい気持ちと感謝しか生まれてこない・・・

そんな大切なことをその友人から教わりました


写真は、お庭で咲いたばかりのスノードロップの花。

花言葉をみてみたら、なぐさめ、逆境の中の希望という言葉もあったので、ここに。




IMG_0870.jpg



posted by トモミ at 13:16| 日記

2021年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。


初日の出はゆっくりと我が家で拝みました。

穏やかで、清々しくて、2021年の始まりに、

なんてありがたい姿で顔を出してくれたことかしらと、

思いっきりお日様の光と朝の空気を胸に吸い込みました。

机の上の植物や生き物さんたちも朝日が大好き、キラキラしています〜


2021年が皆様にとって、きらきらと光あふれる1年となりますように〜



IMG_0643.jpg

posted by トモミ at 14:35| 日記

2020年12月18日

ヘアドネーション

今日はヘアドーネーションのためのカットをしてきました

髪をショートにするのって、もう〜〜十年ぶりかしら(笑)

美容師さんが「断髪式ですね〜。髪に感謝の気持ちをこめてカットしますね」

と言ってくださったので、思わず胸がじ〜んとしてしまいました。

悲喜こもごも、様々なことがあったけれど、

振り返れば全てがあたたかく幸せな思い出。


カットしてもらった髪たちは、今度は別のだれかの頭を包んで、

その子と新しい思い出を作っていくんだな、そんなことを思いながら、

髪を切ってもらいました。


(ヘアドネーションは、病や事故などで髪の毛を失った子供達に、

寄付された髪の毛でウィッグを作り提供する活動です。

ウィッグを作る際、髪の毛を折り返して使うため、31cm以上の長さが必要とのこと。

ちなみに、一人のウィッグを作るのに、30人分の髪の毛が使われるのだそうです)


1BD95C32-9BDD-43DA-AB9A-99F0EE3E3C94.jpg



posted by トモミ at 18:05| 日記

2020年02月04日

2日の微生物観察会

2日に開催した微生物観察会も無事終了しました。


サロンを提供してくださった、会社の社長さんや娘さんのご家族が急遽参加してくださり、

一気に賑やかな会となりました。

会は、大好きなSHIORIさんの朗読とオカリナのコラボからスタート、

ミニレクチャー(初、学校の先生気分(笑))、そしてモバイル顕微鏡の使い方を説明、

実際にミジンコやくらげの赤ちゃんなど観察してもらいました。

はじめはミジンコに興味がなさそうだったお母さんが、最後、ミジンコに癒されましたと

言ってくださった時は、私もミジンコもうれしい気持ちに(笑・笑)


観察会は3時半で終了したのですが、その後のティータイムで、食のこと、地球環境のこと、

これからの私たちのあり方にまで話が広がって、なんとなんと5時近くまで盛り上がって

しまいました

あたたかいご縁の方たちと、小さな命にふれながら、大切なことを学んだひととき、

みなさん、ありがとうございましたにこにこ


朗読していただいた絵本の最後に、とっても素敵なメッセージがあります〜。


「ちきゅうの いたるところで

いつも、ちいさな びせいぶつが 

たべて たべて ふえて ふえて

せかいを かえつづけている。

めには みえないけれど せかいを かえつづけている。


びせいぶつは とてつもなく

おおきな しごとを している 

ちいさな ちいさな いのちだ。


〜ちいさなちいさな めにみえない びせいぶつの世界〜より


84687231_2605783929540600_9170360200413052928_n.jpg



84434842_2574736779262077_7056564390392233984_o.jpg






posted by トモミ at 12:12| 日記