2011年11月03日

星からの手紙



実家の猫、メルモがあちらの世界に旅立った。15歳だった。
最後はいっそうきれいに、まっ白になって、いっちゃった・・・。
人も生き物も,旅立ちの時、なにかこちら側にしるしを遺していってくれたりするけれど、
メルモは星だった。

先日、ふらりと立ち寄った古本屋さんで、星からの手紙、という本をみつけた。
犬と、星からやってきた猫のおはなし。ふしぎな世界観のお話なのだけれど、
今の心にぴったりとよりそって、これはメルモからのお手紙だって思った!!
あちらからのお便りって、どんな形でくるかわからない。この絵本のなかにも、
そんなエピソードがあって、この絵本のページをめくるたび、きっとこの出来事を
想いだすのだろうなってそう思った。
posted by トモミ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58102629
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック